越境EC

2019/04/23

中国向け越境EC運営支援会社「エフカフェ」、国際物流サービスを展開するアリババグループ「4PX EXPRESS JAPAN」と天猫国際店舗運営代行・ロジスティクスにおける戦略的業務提携を締結

中国向け越境EC運営支援会社「エフカフェ」、国際物流サービスを展開するアリババグループ「4PX EXPRESS JAPAN」と天猫国際店舗運営代行・ロジスティクスにおける戦略的業務提携を締結

 株式会社エフカフェと、株式会社4PX EXPRESS JAPANは、中国シェア最大の越境ECモール「天猫国際(Tmall Global)」における店舗運営代行・ロジスティクスにおいて、ワンストップかつ安定的なサービス提供を目的に戦略的業務提携を締結した。

戦略的業務提携の背景と概要

 天猫国際(Tmall Global)をはじめとした中国EC市場では、度重なる法制定やその変更の他、商慣習の違いなどから参入障壁が高く、また、店舗の運営・ロジスティクスの安定的な運用が難しい状況が続いている。

 エフカフェは、日本・中国に法人を持ち、天猫国際(Tmall Global)など中国向け越境ECサイトの運営代行、運用コンサルティングにおいて2008年から10年以上、累計3,000ブランド、流通総額120億円の越境EC支援実績、ノウハウを持っている。両国における商慣習や法規制を理解し、天猫国際(Tmall Global)事業推進のためのサポートが可能だ。またアリババが認定する「Tmall Global’s TP」として、日本企業がほぼ取得できていない最高評価 12点満点(5つ星)獲得実績を持っている。

 また、4PX EXPRESS JAPANは、中国深センに本社を持ち、日本、アメリカ、ヨーロッパなど、世界27カ国に法人を設けており、ECに関わる物流を専門としていて、株主にシンガポールポスト、アリババグループ・菜鳥からの投資を受けるとともに、世界で数々のECプラットフォームにて物流パートナーとして物流の支援を行なっている。4PXでは現在、50種類以上の物流サービスを駆使して、越境ECを強力にサポートしている。日本では天猫国際(Tmall Global)のグローバルフルフィルメントセンター指定パートナーとしても任命されており、ユーザーのニーズにあった総合物流の提案をしているという。

 そうした、中国向け越境ECにおける両社のノウハウ・経験を活かし、

続きは会員の方のみお読みいただけます。

無料会員登録 ログイン

カテゴリーごとに学ぶ