物流・在庫管理

2020/02/08

3,790社導入の「ネクストエンジン」を提供するHameeがメーカー/小売業者の滞留在庫を見える化する「滞留在庫アプリ」をリリース

3,790社導入の「ネクストエンジン」を提供するHameeがメーカー/小売業者の滞留在庫を見える化する「滞留在庫アプリ」をリリース

 Hamee(ハミィ)株式会社は、クラウド(SaaS)型ECプラットフォーム「ネクストエンジン」の追加機能として、ネクストエンジンユーザーの滞留在庫を可視化する滞留在庫アプリの提供を開始した。

滞留在庫アプリを提供開始した理由

 Hameeはスマホケース「iFace」の販売や、クラウド(SaaS)型ECプラットフォーム「ネクストエンジン」を通じた3,790社のEC事業者との取引から、業界内での大量廃棄や滞留在庫について危機感を感じていた。
 本来、商品価値があるはずの在庫商品はネクストエンジン内だけでも600億円以上に上る。Hameeではこの、資源を使って作られた商品が流通しない問題を解決するために、滞留在庫が可視化できる「滞留在庫アプリ」を開発・リリースする運びとなった。
 滞留在庫アプリでは、EC事業者が生産・販売している商品のうち、どの商品が滞留しているのか在庫量を可視化し、その商品が完売するまでの期間を予測することができる。滞留していると判断された商品は、

続きは会員の方のみお読みいただけます。

無料会員登録 ログイン

カテゴリーごとに学ぶ