物流・在庫管理

2020/04/29

物流ベンチャーのsouco、EC事業者向けデータ連携プラットフォーム事業で日立物流と連携を開始

物流ベンチャーのsouco、EC事業者向けデータ連携プラットフォーム事業で日立物流と連携を開始

 倉庫と荷主のマッチングプラットフォーム『souco』を運営する物流ベンチャーの株式会社soucoは、株式会社日立物流が運営するE Cプラットフォームセンターの一部提供を受け、E Cフルフィルメントに対応したサービス『FillGo(フィルゴ)』の提供を5月中旬から開始する。
 souco社は物流施設や倉庫の空きスペースを抱える企業と、スペースを必要とする企業の情報を集約したマッチングサービスを展開している。soucoには、2020年4月現在1300社を超える企業が登録。これまで、多くの取引先から倉庫スペース利用の要望を受けていることに加え、多くのEC事業者からフルフィルメントセンター利用の要望もあった。

 FillGo(フィルゴ)は、通販事業者向けに、通販事業者と物流業務委託先となる倉庫会社をつなぐデータ連携用のWEB管理画面を提供するWebサービスだ。通販事業者が物流業務を倉庫会社にアウトソースする際の課題として、出店する通販モールやE Cサイトごとに異なるフォーマットの受注データや各種マスタデータを倉庫会社のWMSのインターフェイスに合わせたフォーマットの出荷指示データや各種マスタデータを作成するための開発費用・対応工数が掛かることや、

続きは会員の方のみお読みいただけます。

無料会員登録 ログイン

カテゴリーごとに学ぶ